top of page

アレルギー


おはようございます。


アレルギーとは、Allos(変化)とergo (反応)とが合わさった言葉で「変化した反応」という意味です。


免疫反応で起こる抗原抗体反応のことです。


アレルギーには、即時型と遅延型があり、即時型はB細胞によって産生された免疫グロブリンE(IgE)が肥満細胞の膜状に付着し、細胞からヒスタミンや種々のサイトカインが放出されて生じる抗原抗体反応です。この際の抗原をアレルゲンと呼んでいます。遅延型は、侵入してきた抗原がT細胞を刺激して活性化させます。このT細胞と抗原が反応して感作リンパ球となり組織に障害を与えたり、インターフェロンγなどのサイトカインを放出して関節的に組織に障害を与える反応です。


即時型には喘息やアトピー・花粉症等があり、遅延型が金属や化粧品による接触性皮膚炎等です。


腸内細菌は、パイエル板を刺激し免疫を鍛えたり、ヒスタミンの遊離を抑えたりして、免疫機能の正常化に働いています。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:5回

Comentarios


bottom of page