top of page

カルシウムの働きを助ける腸内細菌

おはようございます。


カルシウムの働きを助ける腸内細菌。


カルシウムを摂取すれば、体内に吸収される量が増えるとは限りません。


このカルシウムの利用率と働きを高めるには、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンD、腸内細菌の組み合わせが重要となります。


ミネラルとビタミンと腸内細菌は、単独で働くのではなく、相互に働きを高めあっているのです。


カルシウムとマグネシウムは一緒に働き、健康な歯や骨を作り、心臓や血管の健康を維持しています。ビタミンCはカルシウムの働きを高め、ビタミンDはカルシウムを運び、沈着させます。そして腸内細菌は、色々なビタミンを作り、カルシウムなどミネラルの吸収を高め、余分なミネラルを排泄しています。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

댓글


bottom of page