top of page

コレステロールの善玉と悪玉

おはようございます。


コレステロールには、善玉(HDL)と悪玉(LDL)があります。


HDLコレステロールは、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役割をしていて、血液中のコレステロールが増えるのを防いでいます。


LDLコレステロールは、細胞に コレステロールを届ける役割がありますが、細胞に必要以上にコレステロールが増えてしまうと動脈硬化の原因になってしまいます。


コレステロールの善玉と悪玉にもそれぞれ役割があるのです。大事なのはバランスです。だからむやみに下げると言うことは、決して良いとは言えません、


動物性の脂肪には、コレステロールの量を上昇させる飽和脂肪酸と低下させる不飽和脂肪酸があります。


飽和脂肪酸には、パルチミン酸、アラキジン酸があり、不飽和脂肪酸には、リノール酸、オレイン酸、EPA、DHAなどがあります。それらをバランス良く摂る事が大事です。


因みに卵の脂肪酸は不飽和脂肪酸です。


腸内細菌は、脂質代謝を高め余分な脂質は排泄します。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:8回

Comments


bottom of page