top of page

コレステロール値と投薬の疑問①

おはようございます。


コレステロール値と投薬の疑問


現在あるコレステロール値の基準は、日本動脈学会で1987年にガイドラインで220以下と定められました。「コレステロールの理想値を150〜200とする。200は警鐘を鳴らすポイントであるが、220以上を薬物治療開始の目安とする」と言う内容でした。


それまでは、240あるいは250以上を治療の目安とするのが通説でした。

更に220以上の人に著しく心筋梗塞の罹患のリスクが上がるなど、新しいデータや疫学調査も無く、科学的根拠のないまま数値だけが220に下げられました。


この時期に何があったのか?


それは、コレステロールを下げる新薬の発売です。それは、現在でも使われているメバロチンを初めとするスタチン剤です。


コレステロール値を220以上に設定すると、40歳以上の検診者の半分が対象になります。240以上に緩めるとその対象者が半減し、260にすると4分の1と投薬対象がグンと減ります。


製薬会社の意図が大きく働いているようにも思えますね。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:15回

Comments


bottom of page