top of page

コロナウィルスを知る

おはようございます。


コロナウィルスを知る


病院などで、ウィルスや細菌の殺菌の為に使われている紫外線殺菌装置があります。この紫外線は波長が254nmの紫外線を使っており、人体に対しては、目や皮膚に障害を起こす為、多くの場所で使うことができません。


しかし、コロンビア大学 放射線研究研究所のデービット・ブレナー所長のチームが、人体に対しては無害の222nmの紫外線がコロナウィルスに対して活性化を抑える働きがあることを突き止めました。


この222nmの紫外線は、部屋の中などに浮遊しているコロナウィルスを数分で無力化できることが分かりました。この紫外線は、ウィルスの遺伝子に損傷を与えながらも、人に対しては殆ど影響がないようです。


この紫外線を、学校やレストランやオフィスなど、さらに交通機関や駅、空港などで使えば、浮遊ウィルスを無力化し感染をかなり抑えられるようになると期待されています。


日本では、加賀市医療センターで、外来の受付や書類などの受け渡し場所で使われ始めているようです。


コロナの時代を乗り切っていきましょう。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:9回

Comments


bottom of page