top of page

コロナウィルス感染症について

おはようございます。


全国でコロナウィルスによる感染が蔓延し、コロナウィルス感染症に罹患する人も増えています。再度、コロナウィルス感染症について知っておきましょう。


まず、ウィルスとは何か? 生き物には細胞があり、細胞の中で生きる為に必要なエネルギーを作っています。そして、遺伝子をコピーして細胞分裂をしています。しかし、ウィルスには、この様な基本機能が無く遺伝子とその容れ物だけの存在なのです。だからウィルス単独では増えることができません。その為に、生き物の細胞に入り込み、その増殖機能を乗っ取って、ウィルス自身の遺伝子をコピーしていくのです。


コロナウィルスとは何か? これは風邪を引き起こすウィルスの一つです。風邪を引き起こすウィルスには、他にインフルエンザウィルス・ライノウィルス・RSウィルス・ヒトメタニューモウィルスなどがあります。コロナウィルスは今まで6種類が確認されていました。その内の4種類が季節性の風邪の原因ウィルスで、風邪の10%〜35%を占めています。


明日に続く。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:9回

Comments


bottom of page