top of page

ゴースト血管

おはようございます。


全身を流れる血管を全て繋ぐと、約10万キロ、地球を2周半する長さです。その血管の中を流れる血液によって、全身の細胞に酸素と栄養が運ばれています。


その血管の99%は毛細血管が占めています。毛細血管の太さは100分の1mで髪の毛の10分の1の太さです。その血管に血液が流れない状態が続くと、いづれ消えてしまう現象をゴースト血管と言います。

現在では20代、30代の若い世代でも血管がゴースト化してきているそうです。冷え性や筋肉痛、骨粗しょう症などの原因になりますが、特に脳がゴースト血管のダメージを受けやすい臓器です。


認知症の一つのアルツハイマー病がありますが、その原因物質のアミロイドβの排出を毛細血管を通しておこなっています。しかし、毛細血管がゴースト化すると原因物質を排出できなくなり、蓄積していきアルツハイマー病を発症します。若い世代でも起こりうる可能性があります。


だからこそ、動脈効果を防ぐ事が大事です。若い世代から考えていく必要がありますね。


101株は、抗動脈効果剤と言う特許を取得しています。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page