top of page

ジェネリック薬品と先発の薬品

おはようございます。


ジェネリック薬品は、先発の薬品と全く同じとは言えないそうです。

ジェネリックとは一般的と言う意味で、先発の薬品の特許権が切れた後に同じ成分で作られた薬をジェネリック薬品と言います。


国民医療費が膨らむ中で、国もジェネリック薬品の使用を勧めています。

現在は医薬品の半分をジュネリック薬品が占めているようです。

しかし、同じ成分なら効能も安全性も同じように思われがちですが、そうでもないようです。


何故なら、成分は同じであっても、有効成分以外で、薬の溶出時間をコントロールしたり、周囲を包んで飲みやすくしたり、味を付けたりする添加剤の成分が違うそうです。

また、これらの成分は薬の容量の多くを占めています。


添加剤が変われば、肝臓での解毒作用も変わり、血中濃度が上がるスピードが違ってきたりして、副作用の出方も酷くなったりする恐れがあります。ただ同じ成分というだけで、臨床データがないものが多いようです。


薬は色々と計算されて作られています。そのことも視野に入れて、薬を使う使わないを判断すると良いですね。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Kommentare


bottom of page