top of page

ティア・カロス「乳酸菌ソープ」②

おはようございます。


ティア・カロス「乳酸菌ソープ」


ティア・カロスは洗浄成分にもこだわり、一般的な高級石鹸に使われているラウリン酸を極力減らしソープナッツエキスを使用しています。


ラウリン酸は、ヤシ油やココナッツオイルに多く含まれている脂肪酸です。安定した洗浄力や気泡力を持っていますが、分子量が小さく肌に刺激が出る原因にもなります。


それに対しソープナッツエキスは、インドのオーガニック農場で育てられたソープナッツツリー「石鹸の身のなる木」の果実から作られた植物性洗浄成分です。

ソープナッツの果皮や果実にはサポニンという天然の界面活性剤が多く含まれています。ラウリン酸と比べて洗顔後の潤い保持力が高く、肌荒れ軽減効果も実証されており、過度な洗浄による乾燥からも肌を守ります。


また多くの高級石鹸に使われている肌の引き締めや防腐効果のあるエタノールは、お肌が敏感な方などは刺激を感じることがあるため、ティア・カロスでは使っていません。


次回は、肌の常在菌の美肌菌のお話をします。


日々是好日、素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野

閲覧数:17回

Comments


bottom of page