top of page

ビタミンとは?

おはようございます。


ビタミンとは?


生物学辞典には、「ビタミンとは、生物が正常な生理機能を営む為に、その必要量は微量であるが、自分ではそれを生成・合成できず、他の天然物から栄養素として取り入れなければならない一群の有機物である」と書かれています。


ビタミンは、微量で体の調子を整える為に必要な栄養素です。不足すると、成長の低下・免疫の低下・潰瘍ができやすい・消化不良・疲労・倦怠感・貧血・肌荒れ・便秘等の要因になり、生物が生きていく為には絶対に必要な成分です。


ビタミンは、体では生成や合成はできず、通常は食物を通して取り込んでいます。1910年代にビタミンが発見され、その栄養素を取り込む手段としてサプリメントが開発されたわけです。


腸内細菌の研究が進んでいく中で、腸内細菌達がビタミンを作っていること分かってきました。主にビタミンB群(B1・B2・B6・B12・パントテン酸)、ビタミンH(ビオチン)、葉酸・ニコチン酸・ビタミンKを作っています。最新の研究では、ビタミンCまで作っている腸内細菌がいることが分かってきました。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Commentaires


bottom of page