top of page

ファイトケミカル②

おはようございます。


ファイトケミカル


ごぼうに含まれるポリフェノールのクロロゲン酸は、高い抗酸化作用があります。肌の美しさを保ち、活性酸素で作られる毒性の強い物質の過酸化脂質の生成を抑制します。


しかし、クロロゲン酸は空気中の酸素によって酸化されて黒く変色してしまいます。その為、ごぼうを料理する時には、料理の見栄えをよくする為に、黒く変色する事を防ぐ為に切った後に酢水などにさらしたりします。


ところが、クロロゲン酸は水溶性で水にさらすと流れ出してしまいます。ごぼうからクロロゲン酸を多く摂取する為には、アク抜きをせずにそのまま使う方が良いようです。また、ごぼうの皮の付近には旨味成分や栄養成分が多く含まれています。皮を剥ぎ過ぎてしまうと、ごぼうの風味が弱くなり、栄養価も下がってしまいます。ごぼうの皮は、包丁の背で軽くこそげ落とすか、一度丸めたアルミホイル広げ軽く表面をこする程度で良いと思います。上手く有効成分を摂取できるようにしていきましょう。


日々是好日、素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野

閲覧数:15回

Comments


bottom of page