top of page

マスクの着用や消毒液

おはようございます。


コロナウィルス感染症の感染予防の為に、マスクの着用や、どこに行っても消毒液で消毒が当たり前になってきましたね。


しかし、何でもそうですが、やりすぎは返って体の調子を崩したりして免疫が低下して感染症のリスクを増やしてしまう結果にもなります。


例えば、マスクをしていると呼吸が自然と浅くなってしまい、酸素の取り入れが悪くなります。体内の酸素が少なくなると細胞でのエネルギー産生が悪くなり免疫の活動も悪くなります。出来るだけマスクを外す環境を作って下さい。


また消毒は、皮膚に付ける毒とも言えますね。皮膚から体内に吸収され、体の機能を侵害することもあります。消毒をやりすぎたせいで病気が発症したと言う事例もあるようです。


人が本来持っている、自然治癒力を高めていくことの方がとても大事です。


その為にも、腸内細菌叢のバランスを整えて腸管内の環境を整え免疫機構を高めていきましょう。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

コメント


bottom of page