top of page

亜硝酸ナトリウム

おはようございます。


発色剤で使われる食品添加物の亜硝酸ナトリウムがあります。ウインナーが綺麗な赤色なのは、この発色剤のおかげです。


この物質はアレルゲンの一種でもあり、日本人にアレルギーが多いのはこの物質の影響が大きいようです。


アレルギーの方の体内には、ある種のアレルゲンに対して特異的に結合するレアゲン(抗体)が形成されています。そこに新たなアレルゲンが入ってくると肥満細胞の表面に固着したレアゲンとアレルゲンが結合反応を起こします。


その反応が肥満細胞を刺激して、ヒスタミンやロイコトリエンなどの喘息症状を引き起こす様々な科学伝達物質を放出して、血管が拡張したり、白血球が異常を起こしたり、筋肉が収縮したりして気管支と気管支粘膜に炎症を起こしてしまいます。


腸内細菌を整え、中和無毒化する力と免疫機能の連携を高めておくことが大事です。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page