top of page

人体を守る皮膚の常在菌

おはようございます。


人体を守る皮膚の常在菌。


皮膚常在菌が抗菌ペプチドを分泌し、皮膚に着いた黄色ブドウ菌を殺したり、皮脂を分解して栄養となる有機酸(オレイン酸や酢酸)を作ったり、その酸で皮膚の表面を弱酸性に保ってくれたりします。


更に、皮膚常在菌は汗、皮質、角質を餌にして繁殖します。これらの物は病原菌の餌にもなるわけですが、病原菌が餌にする前に、常在菌が餌にしてしまうので、感染予防にもなっています。


地球は、微生物の星とも言えます。微生物と共生する事により、病原性を持った微生物から体を守ることができ、この地球上で生きていられるのだと思います。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:5回

コメント


bottom of page