top of page

体内での活性酸素と抗酸化③

おはようございます。


体内での活性酸素と抗酸化


抗酸化物質には、ビタミン類のビタミンC・ビタミンE、ミネラル類の亜鉛・セレン・銅、ポリフェノール類のアントシアニン・ケルセチン・コロロゲン酸・カテキン・クルクミン、カロテノイド類のβ-カロテン・リコピン・ルテイン・アスタキサンチン、その他の物質にはグルタチオン・リポ酸・コエンザイムQ10などがあります。


これらの物質が含まれた食物を食べることで、体内での活性酸素の働きを抑えたり、酸化の身代わり物質として働いてくれます。


例えばビタミンCは緑黄野菜類、ビタミンEは種実類(アーモンド・ピーナッツ)、亜鉛や銅は牡蠣、セレンは魚介類、アントシアニンはブルーベリー、ケルセチンは玉ねぎ、クロロゲンはコーヒー、カテキンは緑茶、クルクミンはウコン、β-カロテンは人参やカボチャ、リコピンはトマト、ルテインはほうれん草、アスタキサンチンは鮭、グルタチオンはアスパラガス、リポ酸はレバー、コエンザイムQ10は鯖などに多く含まれています。


日々是好日、素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野

閲覧数:17回

Comments


bottom of page