top of page

体内で働く酵素

おはようございます。


栄養学で言う酵素と、体内で働く酵素は違います。そもそも酵素は栄養素ではないからです。


酵素の働きは、体内で起こる科学反応(分解、融合、代謝)などを助ける物質です。


人の体に必要な酵素は、約6000種類です。

では何故、6000種類も必要なのでしょうか?


酵素と言う物質は融通が利かず、一つの酵素は、決まった科学反応しか助けないからです。

サプリの世界では酵素不足だから補うと言っていますが、体内の酵素が不足すること殆どありません。

例えば、胃で作られる消化酵素は、タンパク質を構成するアミノ酸の長い鎖を分解します。体内でブドウ糖と酸素が僅か36度の熱で結合しエネルギーに変わるのも体内酵素の働きです。酵素一つ一つがその為にだけ働いているのです。


他の動物や植物の酵素は、その生き物のための酵素であり、人の体に入ったからと言って健康に役立つとは限らないのです。


人の体で必要な酵素の約半分は、腸内細菌が人の体の為に必要だからに作っています。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:12回

Comments


bottom of page