top of page

何故、命の上限があるのか

おはよございます。


人には生まれてから亡くなるまでの期間をしめす寿命が定まっています。


何故、命の上限があるのかについては沢山の仮説があります。


その一つにテロメアが関係しているのではないかと言われています。テロメアとは、細胞の中の核にある染色体の末端にある部分です。その役割は、染色体に収められたDNAを保護するキャップのような物です。


テロメアは、細胞の分裂に関係し、まるで回数券を使うように、分裂のたびに短くなっていきます。


短くなり過ぎると、細胞の分裂が上手くできなくなり、新陳代謝ができなくなると、当然細胞の老化が進んでしまします。この老化した細胞が増えると、やがて臓器や筋肉の機能が低下していき体が衰え死に向かっていきます。


テロメアを化学技術によって修復しようとする実験が行われています。しかし、大きな落とし穴がありました。テロメアを修復すると細胞の老化は抑えられたが、細胞が癌化していったのです。むやみにテロメアを修復すると癌で命を落としてしまうのです。生き物には、不老不死を絶対にさせないというシステムがあるようです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:9回

Comments


bottom of page