top of page

便の匂い、お腹からの大いなる便り

おはようございます。


便の匂い、お腹からの大いなる便り。


便の匂いが大変臭くなるは、悪玉菌が原因です。臭いのもとは悪玉菌が発生させています。悪玉菌がタンパク質を分解するときに、アンモニア・硫化水素・インドール・スカトールを作り、これらの物資が臭いをきつくさせています。


これからの物質は、タンパク質に含まれる窒素がもとになっています。その為に、タンパク質を多く含む肉類を沢山食べると多く発生し、便やおならまで臭くなってしまいます。またこれらの成分は、発癌性があり、肌荒れの原因にもなっています。


善玉菌が作る酵素が、これらの成分を解毒、分解して排泄していますが、悪玉菌が多いお腹では作られる量が多く、解毒、分解、排泄が間に合いません。だから腸内環境の悪い方は、便が臭くなり、病気の原因を作っていってしまいます。


便が臭くなってきたなと思ったら、腸内環境を見直してみましょう。臭いも病気の警鐘なのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:12回

Comentarios


bottom of page