top of page

免疫の働きの研究

おはようございます。


大阪大学が免疫の働きの研究を公表しました。


ウィルス等に感染して、体温が37度まで上がると、血液の中で病原体を殺す物質が作られて病気を治そうとする仕組みが働き始めることが分かったそうです。


その仕組みは、37度で免疫細胞の体内でイオン化された水素を細胞内のあるタンパク質が感知して放出し、ウィルス等を殺す物質が血液の中で作られると言うことです。


免疫の働きの一つを解明し、その免疫細胞内の水素イオンの放出に関与するタンパク質を解明する為の研究を始めたようです。


一部の水素を扱う会社が、この報道を引用して水素がウィルスを殺すと言っていますが。それは、違います。


免疫細胞の中でイオン化された水素が放出され血液中の成分と結合し作られる物質です。その結合の際には、結合するレセプターが合うこと、更に熱や酵素やビタミンB群などの働きが必要です。全てが機能的に働いて作られるのです。


免疫の連携によって、体内で作られる物質なので、一番大事な事は免疫を活性化させる事、そして、体温を上げる為に代謝機能を上げる事です。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page