top of page

免疫反応の中心

おはようございます。


免疫反応の中心を担うのは、リンパ球のT細胞とB細胞です。


体内に細菌やウィルスが侵入してくると、まずマクロファージなどの貪食細胞によって捕食されます。そして、酵素によって分解されて、小ペプチドへと処理されていきます。


この処理されたペプチドが特異的タンパク質分子と共に複合体として細胞の表面に提示されます。この細胞を抗原提示細胞と言います。この抗原提示を受けたT細胞が活性化して、様々な機能を持ったヘルパーT細胞へと変化していきます。


ヘルパーT細胞は、インターフェロンγやインターロイキン2を分泌して、キラーT細胞やNK細胞を活性化して、同じ抗原を持つ細菌やウィルスを攻撃して破壊します。


そして、B細胞がこれらの抗原を取り込み、グロブリン(抗体)を産生します。そして、活性化したB細胞の一部は、メモリーB細胞としてリンパ節に潜み、同じ細菌やウィルスが侵入して来た時は、速やかに大量の抗体を生産します。更にヘルパーT細胞の一部も長期生存し、これら免疫の記憶によって再び同じ病原体への感染を防いでいるのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page