top of page

免疫反応の仕組み

おはようございます。


免疫反応の仕組み。


免疫反応の中心を担うのは、リンパ球のT細胞とB細胞です。

そして、免疫機構には2種類あり、T細胞が中心となるものを細胞性免疫、B細胞が中心となるのもを液性免疫と言います。


外部から入ってきた細菌や抗原タンパク分子は、マクロファージなどに取り込まれ、酵素によって裁断され、小ペプチドへと処理されます。

これらが抗原を形成しヘルパーT細胞が接触すると活性化され、様々な機能を持った新たなヘルパーT細胞の増殖が起こります。

これらのヘルパーT細胞は、インターフェロンやインターロイキンを分泌して、ナチュラルキラー細胞などの活性化をして、同じ抗原を有する細菌やウィルスを攻撃して破壊します。


今、中国でコロナウィルスによる肺炎が流行していますが、この免疫機能の連携を高めておく事は、とても重要ですね。


今日が素敵な1日でありますように代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page