top of page

免疫機能の司令塔

2022年6月24日(金)の朝です。

おはようございます。


皮膚は、多層構造になっており外部からの異物の体内への侵入を防ぐ構造をしています。ところが、口から肛門までの消化管、特に腸は栄養を体内に吸収する為、粘膜だけです。外からの異物の侵入がしやすい場所でもあるのです。それら異物、主に細菌やウイルスの体内への侵入を防ぐ為に腸に免疫機能が集中しています。約70%の免疫細胞が腸に集まっているのです。いわば腸は体全体の免疫機能の司令塔でもあるのです。


腸は栄養を吸収する面積を確保する為に幾重にも絨毛のように突起した形の腸絨毛という細胞の塊があります。その先端に少し窪んだドームのような形のリンパ節のパイエル板があります。この場所で免疫細胞が日々訓練されて、病原菌やウイルスは攻撃対象であり、腸内細菌達は攻撃対象でないことを認識していきます。


腸で鍛えられた免疫細胞達は、腸から侵入する病原菌やウイルスだけを排除するのではなく、血液を通して全身に運ばれて、からだ全体を異物から守る役割を担っていきます。


日々是好日、今日が素敵な一日でありますように。

閲覧数:51回

Comments


bottom of page