top of page

免疫細胞のバランスを整える食品

おはようございます。


免疫細胞の攻撃・抑制のバランスが崩れて起こる病気に花粉症・アトピー性皮膚炎・気管支喘息などのアレルギー性疾患があります。


この免疫細胞のバランスを整える食品として、れんこん・しそ・クレソンなどがあります。


まず、れんこんには、タンニンやクロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。この成分が、腸粘膜での免疫機能を担うIGA抗体の発生を抑えて、免疫細胞の暴走を抑える働きがあり、花粉症の症状の緩和に有効な働きがあるようです。また、れんこんは不溶性食物繊維も豊富に含んでいます。


しそには、ルテオリンという色素成分があり、この成分には免疫機能を調整する働きがあります。アトピー性皮膚炎の治療にも使われているようです。さらに、赤しそにはロスマリンというポリフェノールが含まれており、この成分も免疫細胞の暴走を抑えてアレルギーの症状を和らげてくれるようです。


クレソンには、炎症反応を抑えて気管支喘息の発作を和らげる作用があるそうです。クレソンを毎日50g摂って、10日程で喘息の発作が落ち着いた例もあるようです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:5回

Comments


bottom of page