top of page

医療被曝について

おはようございます。


医療被曝についてもう少し話をしておきます。


女性は、乳がん検診で、レントゲンやマンモグラフィーで胸部に放射線を浴びる機会が多いですね。


50歳未満の女性で、胸部に異常が出ていない女性、乳がんの家族歴がない女性に対する胸部に対する放射線検査は、意義が認められていないようです。そもそもこのような検査が、女性に対して有用なのかどうかも疑わしいようです。何故なら、女性の体の中でも乳房は特に、放射線に対して反応する部位の一部だからだそうです。


レントゲン・CTスキャン・マンモグラフィーなどの放射線機器は、特に日本の医療の検査、診断で頻繁に使われています。日本は医療被曝大国とも言えます。


体調に異常があったり、体調不良の時には原因究明の為に必要な時もあります。しかし、検査や診断は、知識を持って必要最小限に抑えることが大事ですね。あとは日頃の体調管理です。その為にもビオータは、現代人において必要なものだと思います。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:8回

Comments


bottom of page