top of page

医者の選び方

おはようございます。


医者の選び方。


パーキンソン病と診断された患者さんが診察を受けるのは、どの診療科でしょうか?


普通は、総合病院か大学病院の神経内科を受診しますね。しかし、神経内科で扱う主な病気は、脳梗塞や脳出血のようです。治療薬の調整が難しく、豊富な治療経験が必要なパーキンソン病を専門とする専門医は少数のようです。


癌などの疾病もそうですね。各部位の癌で診療を受けるのは、癌ができた部位の診療科ですね。そこにも豊富な経験を持った癌の専門医は少数です。


専門医は、学会に数年所属し、治療した症例をレポートにして提出します。そして論文を執筆し、学会発表をおこない専門医試験を受験して資格を取得します。病気に向かう熱心な医者とも言えますね。


病気に対する専門性に欠けると薬剤の多剤投与などの対症療法がおこなわれていくかも知れませんね。


専門医以外に大きな視野で診ていくと、腸と脳は相関関係にあり連携しあっています。また、免疫の70%が集まる腸管免疫など。腸内を整えることが、治療との相乗効果をあげていけると思います。


今日が素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:6回

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page