top of page

口の中のバイオフィルム

おはようございます。


複数の細菌が固まり、ヌルヌルした状態をバイオフィルムと言います。口の中のバイオフィルムは、虫歯や歯周病だけでなく、脳血管障害などの重い病気の原因にもなると言われています。


痛みが無く気づかない内に進行する歯周病。日本人が歯を失う原因の第一位です。30歳以上の80%がかかっていると言われています。


歯周病ば主に歯周病菌(ジンジバリス菌)によって起こり、歯の周りのバイオフィルムが、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)を作り、炎症を起こし歯茎が赤く腫れ、出血が見られ、進行すると歯をささえている組織が炎症を起こし、口臭が発生し歯を支える骨が溶けて歯がぐらついてきます。


歯周病菌が関係している可能性がある病気に、脳血管障害や心疾患の他、糖尿病にも関連してしていることが報告されています。また、女性ホルモンの影響で歯周病が悪化しやすくなると言われています。


腸内善玉菌が歯周病菌・虫歯菌を破壊したり、増殖を抑えることが認められています。


また、口腔内の細菌のバランスを整えることで、ウィルス等の侵入も抑えることが出来ます。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page