top of page

呼吸がエネルギーを作る

おはようございます。


呼吸がエネルギーを作る。


呼吸は、単に酸素と二酸化炭素のガス交換を担っているだけでなく、細胞内におけれエネルギー発生に大きく関与しています。


呼吸によって、空気中から取り入れられた酸素が、肺に入り血液を介して全身の細胞へと届けられます。このように呼吸によって取り込まれた酸素のたどり着く先は、全身の細胞内のミトコンドリアです。


ミトコンドリアは、酸素を利用してエネルギーを作り出しています。だから人はエネルギーを作り出す為に呼吸をしているのです。


今、コロナ感染症でマスクをしていますが、マスクをすることで呼吸が浅くなり酸素の取り入れる量が減ります。ミトコンドリアに運ばれる酸素の量も減りエネルギー生産が悪くなります。この状態が長く続くと体の不調に繋がっていきます。


マスクをしない環境を多く作ること、人のいない公園や自然の中で大きく深呼吸をして新鮮な空気を取り入れましょう。大きく深呼吸することで、副交感神経も優位になりリラックスすることができます。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

Comments


bottom of page