top of page

和食の特徴

おはようございます。


2013年12月4日、ユネスコ(国際教育学文化機関)で和食が無形文化遺産に登録されました。日本では歌舞伎や能楽に続いて22件目でした。


和食の特徴


・多様で新鮮な食材とその持ち味を尊重。日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっている為、各地の地域に根差した多様な食材が用いられています。


・栄養バランスに優れた健康的な食生活。一汁三菜を基本とする食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。又うま味を上手に使う事によって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の寿命、肥満の防止に役立っています。


・自然の美しさや季節の移ろいの表現。食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現しており、季節の花や葉などを料理に飾り付けたりしています。


・年中行事との密接な関わり。日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵である「食」分け合い、食の時間を共有する事で、家族や地域の絆を深めて来ました。


日本人は、和食によって腸内細菌叢を育んできたのです。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

Comments


bottom of page