top of page

新しいワクチンの開発

おはようございます。


新しいワクチンの開発。


今までは、生ワクチン・不活性化ワクチン・成分ワクチンなど、ウィルスの全部や一部などそのものの成分を使ってきました。しかし今回の新しいワクチンは、遺伝子工学により開発されました。


ウィルスの成分のタンパク質を体の中で作らせようというもので、設計図を送り込んで人の体で作り、免疫を刺激して抗体を作ろうとい仕組みです。製造が比較的簡単で管理がしやすくコストが安く流通させやすいメリットがあるようです。


アストラゼネカなどが使った技術がウィルスベクターです。それは、チンパンジーのアデノウィルスを使って、コロナウィルスの遺伝子の設計図を何処かの細胞に運ばせて、感染させ免疫を刺激し抗体を作る方法です。


ファイザーなどが使った技術が、直接患部に薬剤を送るドラックデリバリーを応用したメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。運び屋のウィルスを使わず、そのままRNA(設計図)を入れてしまおう、その設計図を取り込んだ細胞で免疫を刺激して抗体を作るというものです。


安全性は?


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:11回

Comments


bottom of page