top of page

新型コロナウィルスの検査方法

おはようございます。


全国的に新型コロナウィルスに感染する方が増えてきました。これも検査をする体制が整ってきて、検査を受ける人が増えたことも要因にあると思います。


その検査には、どのような検査があるのでしょうか?


まず、良く耳にするのがPCR検査ですね。PCRとは、ポリメラーゼ・チェーン・リアクション(ポリメラーゼ連鎖反応)の略です。コロナウィルスの特定の部分の遺伝子を検出する検査です。鼻や喉、痰などに潜んでいるコロナウィルスの検体を摂取して行われます。


次に抗原検査があります。これは、検査したコロナウィルスの抗体を使って、コロナウィルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査です。特別な検査機器を必要とせず、簡単に、短時間で結果が判ります。ただ、PCR検査より検出率は劣る検査です。


そして、抗体検査。これは、過去にコロナウィルスに感染していたかを調べる検査です。ウィルスが入ってくると、IgG・IgMなどの抗体が作られて、再度侵入したウィルスを認識して排除します。ワクチンはこの抗体を先に作ってしまうものです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:7回

Comments


bottom of page