top of page

生き物とは何か?

おはようございます。


地球上には、約870万種の生き物がいると推定されているようです。そして最初に生命が海の中で誕生したのは、約38億年前にものぼります。


それでは生き物とは何か?


それは自分だけで生きていける物です。例えばウイルスには、DNAやRNAなどの遺伝物質が備わっていますが、宿主となる生物の細胞に寄生しないと生きていくことが出来なません。自分だけで生きていくことはできないので生物とは言えない部分があります。


コロナウイルスは、スパイクというトゲの生えた膜の中にRNAが入っており、人体に入るとこのスパイクが細胞のタンパク質と結合し、細胞内にウイルスが取り込まれていきます。

そしてウイルスのRNAが出てきて細胞に備わったリボソームと言うタンパク質合成機能を利用して自己複製していきます。

細胞内で自己複製を繰り返し短期間で何百倍にも増え、宿主の咳などの飛沫に乗って他の個体へと拡散していくのです。このようにウイルスは自力では生きることも、増えることもできないのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page