top of page

生き物の寿命

おはようございます。


多くの生き物の寿命は、生殖期間、つまり子供を作れる期間と相関関係を持っています。子孫を残したら生き物としての役割を終えるのです。だから子孫を残せば死んでしまってもいいのだそうです。生殖可能な期間を終えた動物の余命は大変短く、人と遺伝子が殆ど変わらないチンパンジーでも例外では無いのです。実は、ゴリラやチンパンジーなど閉経がないそうです。死ぬまで生殖可能で、子供が産めるそうです。そして、生殖可能な期間を終えると寿命も終わるのだそうです。


ところが、人の場合は、生殖期を終えたその後でも非常に長い余命があります。生物学的にそこに何がしかの意味があるのではないかと考えられています。


人はある年齢で繁殖をやめ、出産に伴う死の危険を回避するように進化し、意図的に残った能力を子孫に振り分ける為に生殖期間を短くし、余命を増やし寿命が伸びたのではないかと考えられています。そして、子孫に知恵を与えたり、自ら研究した事、経験を通して得た物を教えて引き継ぎ、自分の子供や孫達だけでなく、他人の子供まで育てるようになったようです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page