top of page

生き物は何故眠るのか?

おはようございます。


生き物は何故眠るのか?


生き物が眠るのは、エネルギーを使い切って飢え死にしない為に得た能力のようです。


生き物が生きていく為には、エネルギー(食料)が必要です。


例えば、人間はごはんを食べて、それをエネルギーに変えて、その中から生きて行く為に必要なエネルギーを消費します。人間は特別に何もしていなくても、内臓を動かしたり、呼吸をしたりする基礎代謝でエネルギーを使います。そして残りのエネルギーを使って色々な活動をしているのです。


もし、食事で摂ったエネルギーを余らせると、脂肪として蓄えらて太ります。逆に食事で摂ったエネルギーを使い切ってしまうと、蓄えていた脂肪をエネルギーに変えて使っていくので痩せていきます。


現代の人間は食事に困らないので、痩せるか太るかの話ですが、自然界の生き物はいつ食事にありつけるかわからないので、エネルギーの消費は、生きるか死ぬかの問題なのです。その為、少しでもエネルギー消費を減らす為に眠るという能力を身につけたようです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:8回

Commentaires


bottom of page