top of page

病気予防のために何を選べば良いか

おはようございます。


積極的な病気予防のために、何を選べば良いのか?


それは、広く証明されていること(立証性)、続けられること(継続性)、安全・無害であること(安全性)、購入できる価格であること(経済性)、変化しないこと(普遍性)のあるのもを選び、正しい知識を身につけることです。


医者からもらう薬は、予防の為に出される物がほとんどです。本来の病気ではない副作用で苦しんでいませんか? 


今飲んでいる薬が、どの様な作用をしているのか?

飲んでいて、どのような副作用の危険性があるのか?

知ることが大事です。


薬には、症状を抑える作用がありますが、毒性もあります。だから用法、用量が決められ

ています。用法、用量が決められていながら、複数の薬が処方されています。


薬は、使いようです。薬のことをしっかり知ること、正しい治験を持っていきましょう。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

Kommentare


bottom of page