top of page

癌細胞と戦う免疫細胞

おはようございます。


癌細胞と戦う免疫細胞。


マクロファージなどの抗原提示細胞が、体内で発生した癌細胞を認識すると先ず攻撃を加えます。そして癌細胞発生の情報をヘルパーT細胞に伝えます。


癌細胞の発生の情報をキャッチしたヘルパーT細胞は、キラーT細胞などに癌細胞に攻撃を加えるように命令を出します。


命令を受けたキラーT細胞は、癌細胞を攻撃し破壊します。


マクロファージが放出したサイトカインがこれら免疫細胞の働きを活性させます。更に癌細胞を抗原とみなし、B細胞が抗体を産生します。そして癌細胞が消滅した時に、攻撃の必要がなくなったことを免疫に伝え、一連の免疫機構の活動を抑制するサプレッサーT細胞が現れます。これらの免疫の連携によって体を守っています。


101株は、免疫の活動の大きな役割を担うマクロファージの数を最大4.7倍に増やし、異物を処理する能力の貪食作用を1.9倍に活性化させます。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page