top of page

発育のビタミン

おはようございます。


腸内細菌が作るビタミンにリボフラビンがあります。


リボフラビンは生体内で再びFMNやFADに変換されて、糖質、たんぱく質、脂質の代謝、エネルギー産生に関与する酸化還元酵素の補酵素として働きます。


リボフラビンは、「発育のビタミン」ともいわれ、発育促進に重要な役割を果たすほか、皮膚、髪、爪などの細胞の再生にも関与しています。


腸内細菌は、生体応答物質を作り人の発育や健康に大きく関わっているのです。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:9回

Comments


bottom of page