top of page

目に見えない力 ③

おはようございます。


目に見えない力


物を発酵分解して発酵食品を作るのも目に見えない微生物達の力を利用したものです。


発酵とは、微生物が有機物を分解し、別の物質に作り変えることです。その発酵に関わる微生物は、細菌の乳酸菌・納豆菌・酢酸菌、真菌の麹菌・酵母です。


まず、細菌の発酵によって作られる物には、乳酸菌が食品に含まれる糖を代謝して乳酸を作り、酸が強くなると固まる性質を利用して、牛乳からヨーグルトやチーズが作られます。漬物なども、乳酸菌の発酵によって作られてきました。


納豆菌は稲わらに多く生息している細菌で、加熱した大豆に加えて発酵させると、タンパク質を分解してアミノ酸を作り大豆の栄養価を高めて、更にナットキナーゼという酵素を作ります。

納豆のネバネバは、旨味成分のグルタチミン酸と多糖類のフルクタミンが結合して作られます。


アルコールに酢酸菌を加えて発酵させて酸性の酸っぱい調味料が酢です。ココナッツミルクを酢酸菌で発酵させた物がナタデココです。


日々是好日、今日が素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野

閲覧数:16回

Comments


bottom of page