top of page

短鎖脂肪酸の働き

おはようございます。


植物繊維を食べると、腸内細菌が発酵分解して、短鎖脂肪酸を作ります。


短鎖脂肪酸の働きで、食欲が抑制されたり、インスリン抵抗性の改善(少ない量のインスリンで効率よく血液から細胞内にブドウ糖が取り入られるようになる)が見られます。


また、短鎖脂肪酸が、腸管内を弱酸性に保つ事で、腸管免疫を制御し、免疫系の調整に役立っています。更に腸内細菌のバランスを保ちます。免疫系や腸内細菌の連携が上手くできていれば、ウィルス、菌、カビなどからの感染症を防いだり、重症化する事を防げます。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:2回

留言


bottom of page