top of page

細菌やウイルスから体を守るシステム

おはようございます。


細菌やウイルスから体を守るシステム。


第一の防御が、皮膚やまつ毛、鼻毛、眉毛などです。外敵の侵入を防ぎます。そして、咳やくしゃみ、痰、涙を流して外敵を追い出します。この第一の防御を突破した外敵に対して、第二の防御が働きます。それらが白血球と呼ばれる免疫細胞達です。

この免疫細胞達が、外敵を食べたり、破壊したりして撃退します。これらの免疫細胞の事を自然免疫と言います。さらに自然免疫が外敵によって突破されると、免疫細胞の中でも特殊な免疫細胞が出動して、外敵に合わせた武器である抗体を作り出し、的確に外敵を排除していきます。これらを獲得免疫と呼びます。


これらの外敵を排除しようとする体の連携作用によって、体は守られているのです。


これに加えて、腸管内に生息する腸内細菌達が、免疫細胞を活性化させる物質を作ったりしています。宿主である人の体を守る手助けをしているのです。あくまでも腸内細菌達の側から見ると、自分達の棲家を守る為なのでしょうね。


今日を素敵な一日にしてく下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:11回

Commenti


bottom of page