top of page

肌に艶がなく炎症が起こっているのは

おはようございます。


肌に艶がなく炎症が起こっているのは、肝臓と腎臓が弱っている要因があります。


肝臓で肌に炎症を起こす老廃物を解毒して、それを尿として腎臓から排泄しています。


体外から入ってくる有害物質や、体内で発生する老廃物質が血液に乗って全身を流れると、色々な障害が現れます。そして、皮膚表層の毛細血管を流れると、肌の炎症の原因になります。


肌の美しさを保つ為には、有害物質や老廃物質を肝臓と腎臓の働きで、常に体外に排泄していなければいけません。その為に肝臓と腎臓の健康を保持する事が重要です。


腸内細菌は、肝臓での酵素の産生に関わるなど肝臓機能に関わっています。また、腸と腎臓は密接な関わりを持っており、そのことを腸腎連関とも言います。また、101株の働きで肝臓や腎臓への脂質の沈着を防いでいます。


腸内環境を整えて、肌の健康も保っていきましょう。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page