top of page

胃の中で作られる発癌物質

おはようございます。


胃の中で作られる発癌物質に、ニトロソアミンとベンツピレンがよく知られています。


ニトロソアミンは、肉や魚に含まれるアミンと食品添加物の発色剤や防腐剤に含まれる亜硝酸が胃酸と化学反応を起こし作られる物質です。更に食品添加物を抑えても、野菜や漬物にも亜硝酸が含まれています。


ベンツピレンは、土の中や水、石油、油、排気ガスやタバコに含まれるており、更に肉や魚が焦げた時に作られる物質です。


これらの発癌物質を腸内細菌が中和し無毒化していることが分かっています。


腸内細菌達は、人の細胞が癌化しないように多方面から守ってくれているのです。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:4回

Comments


bottom of page