top of page

腸で考える

2022年6月29日(水)の朝です。

おはようございます。


腸は、第二の脳とも言われますが、実は脳より先に腸が作られて後から脳が作られているのです。ある意味、脳は腸の一部でもあるのです。形状を見ると腸と脳は、何かよく似ていますね。夜の中の生き物で、脳だけで生きてい生き物はいませんが、腸だけで生きている生き物は沢山います。例えばミミズなどがそうですね。腸で考えて前に進んだり、障害物を避けたりしています。


人は、脳で物事を考えるので悩んだりするのです。脳は過去の経験や未来の不安を考えて物事を決めていきます。だから前に進むのを躊躇したり、悩んだりしてしまいます。しかし腸は、決断する神経です。何故なら口から入ってきた物を体外に排泄するか、吸収するかを判断します。その判断が間違えていれば重大な問題につながるかも知れません。


腸で考えていれば決断できるいうことですね。日本語でも「腹を決める」「腹を据える」などの言葉がありますね。


是非、お腹で物事を考えて前に進んでいきましょう。


日々是好日、今日が素敵な一日でありますように。

閲覧数:83回

Comments


bottom of page