top of page

腸内環境を整えると血圧が下がる

おはようございます。


腸内環境を整えると血圧が下がる。


塩分の取りすぎや、ストレス、疲労、運動不足、肥満などの生活習慣の乱れで血圧が上がったりします。


血圧は、交換神経が緊張すると血管が収縮し高くなります。ストレスを受けたり、怒ったりしても交換神経が緊張して高くなります。また、これから何かをしようとする時も緊張し交換神経が優位になり、直ぐに体が動かせるよにする為に血圧を上げて備えたりします。


それに対し、リラックスしたり、体を休めたりすると副交感神経が優位になり血圧が下がります。実は、腸の働きが活発になると副交感神経の働きも良くなります。すると血圧が下がるということに繋がります。


善玉菌が増え、腸内環境が整うと、腸の蠕動運動を支配している副交感神経が活発になり、副交感神経が優位になる為、血圧が下がるのです。


101株には、腸内細菌叢改善という特許があります。腸内細菌叢を改善できることが血圧降下剤と言う特許にも繋がっているのです。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comentarios


bottom of page