top of page

腸内細菌の遺伝子

おはようございます。


腸内細菌の遺伝子が、腸管内で、宿主生体の脂質の吸収を補助、腸粘膜の保護、内毒素の無毒化、消化管内筋肉と神経を活性化、血管の形成を促進するなど、生体維持に重要な役割を果たしています。


人は進化の過程で腸内細菌と共生し、遺伝子をも共有し、人と腸内細菌はそれぞれが単独では生きていけない存在になっています。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:3回

Comments


bottom of page