top of page

腸内細菌は、臓器の働きを助けています

おはようございます。


腸内細菌は、臓器の働きを助けています。


そのような種類の腸内細菌が、どのように消化管内に存在しているかによって臓器の働きが大きく変化することが確認されています。

腸内細菌叢(フローラ)のバランスを正常に維持することは、臓器の健康維持または増進に役立つことが示唆しています。


例えば、ラットに肝臓や腎臓に障害を与える物質を与えて臓器の働きを調べる実験で、腸内細菌を同時に与えたラットでは、肝臓・腎臓への障害を防御できていることが分かりました。しかし、腸内細菌を与えなかったラットでは、肝臓では障害が見られ、腎臓では病変が見られました。


病院で出される薬剤の多くが、肝臓や腎臓に負担をかける物質が含まれています。この実験からも腸内細菌叢のバランスをしっかり保っていれば、薬剤による障害(副作用)もかなり軽減できるということが言えますね。


さらに、臓器の疾患の治療に関しても、まず腸内細菌叢のバランスを整えた方が治療効果が上がるとも言えますね。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:9回

Comments


bottom of page