top of page

腸内細菌は遺伝子も支配している

おはよございます。


腸内細菌は遺伝子も支配しています。


人の遺伝子は約3万個であり、その内の約200個の遺伝子は、腸内細菌によるものなのです。


通常、脂肪を分解する酵素は膵臓で作られています。しかし、バクテロイデス・テタイオタオミクロンという腸内細菌がいると、遺伝子が発現して脂肪を分解する酵素が腸の中で作られます。また、腸の粘膜の保護に必要な遺伝子もこの腸内細菌に関係しているようです。これらの腸内細菌が腸に定着することで腸を保護する為の機構が発現して毒物や細菌、ウィルスの侵入を防ぐ役割を担っています。


腸内細菌達が腸内フローラを形成することで、腸内の筋肉のタンパク質や神経細胞や腸の運動に関係した器官にも作用しているようです。さらに血管形成までも腸内細菌が影響しているようです。


どのような腸内細菌が、腸内に棲息しているかによって、人の体質そのものに大きな影響を与えているかが変わるのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:9回

Comentarios


bottom of page