top of page

腸内細菌叢を崩す抗生物質

おはようございます。


腸内細菌叢を崩す抗生物質。


日本は大量に抗生物質を使う国です。


抗生物質の使用量の内訳をみると、人間の医療用33%、家畜の動物医薬品45%、家畜飼料添加物13%、農薬9%になっています。


日頃の食品からも多くの抗生物質を取っています。


これらが日本人の腸内細菌叢を崩し、腸内環境が悪くなっています。


抗生物質の乱用により強毒性の薬剤耐性菌が大量に発生しており、ペニシリン耐性肺炎球菌では、日本は世界1位です。


また、新生児や小児期に抗生物質を多用すると、腸内細菌に異常が起こりアレルギーが発症しやすくなると報告されています。


これからインフルエンザの時期に入ってきました。抗生物質はウィルスに対しては無意味です。


この様な時代だからこそ、毎日ビオータ1本の予防。


今日を素敵な1日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:5回

Comments


bottom of page