top of page

自然治癒力④

おはようございます。


自然治癒力


体外に備わった防御力を打ち破り、体内に入ってきた細菌やウイルスなどに対して働くのが免疫力です。この免疫機能を司るのが白血球(免疫細胞)達です。


血液幹細胞から分化した赤血球・白血球・血小板の中の白血球が免疫細胞です。白血球は更に分化してリンパ球(T細胞・B細胞・NK細胞)・単球(マクロファージ・樹状細胞)・顆粒球(好酸球・好塩基球・好酸球)に大きく分かれます。


単球やNK細胞・好酸球などは、生まれつき体内に備わっている自然免疫です。その中で最も中心的な役割をしているのが好中球です。T細胞やB細胞は、細菌やウイルスの侵入、闘いの経験の中から得られた獲得免疫です。この経験を経て得られた情報から各免疫細胞に指令を出すのがT細胞、そしてB細胞によって抗体が作られます。これら免疫細胞の7割が集まるのが腸です。腸は免疫細胞の要なのです。

そして、腸内細菌達の作る物質が免疫細胞を活性化しています。


日々是好日、今日が素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野

閲覧数:16回

Comments


bottom of page