top of page

自然治癒力⑤

おはようございます。


自然治癒力


人の体には、細胞に損傷を負ったりすると、損傷した細胞を修復する再生力が備わっています。


動物では、トカゲは尻尾を切られても、その切口から尻尾が再生されていきます。イモリなども足を切られても、足を再生することができます。しかし、人間の体は高度に進化して高い運動能力と高い知性を得た反面、トカゲやイモリのような再生力はありませんが、自然治癒力としての再生力が備わっているのです。


細胞は組織ごとに、皮膚・爪・髪の毛・臓器などを形成しています。その組織を形成する幹となっているのが幹細胞と言われる細胞です。組織が傷ついたり、古くなったりすると新しい細胞と入れ替えます。その細胞を作っているのが、組織を構成する幹細胞の働きです。爪を切ってもまた爪が生えるのも、爪幹細胞の再生力です。山中伸也先生が作ったIPS細胞は、多種多様な幹細胞に変われるもので、将来の再生医療に期待がもたれています。これは人の持つ再生力を活用した考えです。


日々是好日、今日が素敵な一日でありますように。

代表取締役 大竹野

閲覧数:15回

Comments


bottom of page