top of page

遺伝子からタンパク質を作る

おはようございます。


遺伝子からタンパク質を作る。


体を作るタンパク質はアミノ酸で構成されています。そして、臓器や器官によってアミノ酸の並び方が違います。その並び方の違いは、遺伝子に基づいて決められます。遺伝子=アミノ酸配列情報なのです。


DNAのアミノ酸配列情報がRNAにコピーされます。その事を転写と言います。


そして、その情報を元にRNAが、タンパク質を作るのに必要な20種類ものアミノ酸を体内から集めてきます。その事を翻訳と言います。


転写から翻訳へと作業が進み、必要な20種類のアミノ酸が揃うと、タンパク質が合成され、小胞体の中で各器官や臓器にあったタンパク質に作り変えています。


口から食べたタンパク質は、全て腸管や腸内細菌の消化活動によってアミノ酸に分解されて体内に吸収されます。そして、遺伝子によって体内で集められたアミノ酸でタンパク質に合成され、体を作っているのです。


今日を素敵な一日にして下さい。

代表取締役 大竹野有一

閲覧数:11回

Comentários


bottom of page